ビジネスマナーガイドTOP >  会社訪問のマナー >  エレベータの乗り方 > 

スポンサードリンク

エレベータの乗り方

エレベータの乗り方

自動車や列車の乗り方には気を遣っても、エレベータに乗る際に気を遣う人はあまりいません。というよりも、正式な乗り方を知っている人は少ないようです。今では自動化と経費節減で大企業でもエレベータ担当の係がいることは皆無になりましたが、一流のホテルや宴会場などではよく見かけます。エレベータ係がいる場合には、乗り降りともお客様や上司を優先します。

しかし、案内孫がいないときは下位者が先に乗り、行く先のボタンを押して、お客様や上司が乗るのを待ちます。そして降りるときは、下位者が開ボタンを押し続け、お客様や上司が無事に降りるのを見届けた後に降りるのがマナーです。

会社のエレベータを乗り降りする際に、上司や女性、回僚等と一緒である場合は、まず上司、次に女性を優先します。来訪者がいれば、最優先することは言うまでもありません。他社を訪問して、訪問先の会社の人とエレベータに乗ることもあります。

その場合は役職の上下はわからないので、自分よりも年長と思える人がいたら、その人を優先するようにしましょう。また、エレベータの中にも上席があります。それは乗る側から向かって左側の奥です。

スポンサードリンク

   前のページ【 見送りのマナー

ビジネスマナーガイドTOP >  会社訪問のマナー >  エレベータの乗り方 > 

インフォメーション

サイト内検索