ビジネスマナーガイドTOP >  会社訪問のマナー >  お茶の出し方 > 

スポンサードリンク

お茶の出し方

お茶の出し方

お客様にお茶を出すことも大事な仕事の一つです一杯のお茶が心を和ませ、ビジネスを円滑に進めてくれるといっても過言ではありません。まず茶碗は清潔なものを用い、茶しぶがついていないか、カケやヒビはないか点検します。お茶に注ぐお湯は、沸騰して一犬一分おいたものを用います。

温めた茶碗の底を拭き、七分目ほど注ぎます。そして茶托の上に置き、お盆に載せて静かに運びます。応接室のドアをノックし、「いらっしゃいませ」と、軽く挨拶した後は、お盆を置き、なければテーブルの端に置いて、「お茶をどうぞ」と両手で差し出します。お盆を片手に持ったまま、静かに置いてもいいでしょう。来客が複数の場合は、上座に座っている人から順番に配り、社内の人には最後に出します。

客の目の前に手を伸ばして置くときは、「前を失礼します」と断われば感じがよくなります。また、茶碗や茶托の絵柄が客の正面に来るように置くのが、正式な出し方です。退出するときは、お盆を片手に持って軽く一礼し、ドアの前で「失礼します」と言って部屋を出、静かにドアを閉めます。

来客の時間が長くなるようであれば、応対している担当者にコーヒーか紅茶かといったことを間いてもらい、2杯目は客の好みのものを用意します。

お茶の出し方

人数の確認

「お茶をお持ちしますが、○人分でよろしいでしようか?」

応接室等にお客さまをお通しした後、名指し人に確認をとる

準備

①お茶をいれる前に、手が汚れていないか、茶碗やカップにひび割れ等がないかを点検する。次に使用する茶碗と急須を温め、濃さが均等になるようそれぞれの茶碗に少しずつ「7~8分目まで注ぐ。このとき、茶托に乗せたまま注がないようにする。湯温は70度から80度程度が適温

②茶碗の底を拭き、運ぶ場所が遠いときには、茶碗と茶托は別々にお盆に乗せる。少人数のときは、茶碗と茶托をセットして運んでもいいが、人数の多いときは茶托をはずして人数分重ねて運び、出すときにセットする

③お茶をこぼしたときにも対処できるようフキンを用意

お茶出し

①お盆は両手で胸の高さに持って運ぶ。ドアをノックして「答礼します」と声をかけて入室。このとき、立ち止まって軽く会釈することを忘れない事

②お盆はいったんサイドテーブル、またはテーブルの入口側に置く。茶碗の底をフキンで拭き、茶托に乗せて両手でお客さまの邪魔にならない方向から出す

③テーブルが使えないときは、左手にお盆を持ち、右手で出す

④グラスの場合は先にコースターを置いてからグラスを乗せる

お茶を出す順序

上席のお客さまへ先に出し、自社の人間には後に出す

退出

お茶を出し終わったら、お盆を左脇につけて持ち、ドアのところでもう一度会釈をして部屋を出る

スポンサードリンク

   前のページ【 応接室の席次 】    次のページ【 名刺交換

ビジネスマナーガイドTOP >  会社訪問のマナー >  お茶の出し方 > 

インフォメーション

サイト内検索