ビジネスマナーガイドTOP >  会社訪問のマナー >  紹介の仕方 > 

スポンサードリンク

紹介の仕方

紹介の仕方

人の紹介の仕方にも順序があります。その基本は「目上の人に目下の者を」「年上の人に年下の人を」「社外の人に社内の人間を」先に紹介するということです。つまり、その場において地位や立場などが「上」とされる人に、先に相手を知ってもらうことが紹介の原則です。

したがって後輩などを訪問先に同行させたら、訪問先の担当者に先に後輩を紹介します。また、取引先の担当者を自社内で上司に紹介する場合は、まず担当者に対して「部長の○○です」と、上司を先に紹介するのが普通です。どちらを先にしていいのか迷う場合も多いと思いますが、基本的に「下から上へ」と心得ておけばいいでしょう。社内の人間を社外の人に紹介する際に注意することは、たとえ上司であっても敬語は使わないことです。たとえば「○○部長です」ではなく、「部長の○○です」と呼び捨てにするのが身内を紹介するときのマナーです。

逆に社外の人を社内で紹介する場合は、「△△会社の△△部長です」「△△仕営業課の○○さんです」というように肩書きや敬称をつけます。同時に、「○○さんにはいつもお世話になっております」と付け加えれば、より丁寧な紹介になります。

また、複数の人を紹介するときは、二布地位の高い人をまず紹介し、そのあと順に紹介をしていけばいいでしょう。

スポンサードリンク

   前のページ【 アポの取り方 】    次のページ【 エレベーターの席次

ビジネスマナーガイドTOP >  会社訪問のマナー >  紹介の仕方 > 

インフォメーション

サイト内検索