ビジネスマナーガイドTOP >  電話の応対 >  ファックス送信のマナー > 

スポンサードリンク

ファックス送信のマナー

ファックス送信のマナー

ここではファックスの送り方のマナーに言及します。

一般にファックスを送るときは

①受信先会社名、部署名、相手名、

②送信側会社名、部署名、送信者名、電話番号、ファックス番号、

③送信日時、書類枚数、標題、電話確認の要・不要、本文原稿等々を網羅した書式で送るようにすればいいわけですが、ビジネスマナー的に言えば、ファックスは送信のタイミングによっては第三者の目にとまる危険性をはらんでいますから、その点を十分に考慮して送信するようにしましょう。

その他、ファックスを送る場合の基本的チェック項目としては、

①原稿が汚れていないか、

②文字等が細かすぎたり薄くないか、

③機械のミスで分割送信になってはいないか、

④静電気の関係で原稿が重なって送信されなかったかを送信の前後で十分に確認するようにしましょう。とくに②の文字等が薄い場合には、送信前にコピーを取って濃淡の調整をしたり、コピーで細かいところを拡犬してから送信するようにすれば相手も読みやすくなります。

そんな事前の配慮こそがパーフェクトを求めるビジネスにおけるマナーであると思ってください。

スポンサードリンク

   前のページ【 携帯電話のマナー

ビジネスマナーガイドTOP >  電話の応対 >  ファックス送信のマナー > 

インフォメーション

サイト内検索