ビジネスマナーガイドTOP >  電話の応対 >  携帯電話のマナー > 

スポンサードリンク

私用電話のマナー

私用電話のマナー

最近はほとんどのビジネスマン、OLは携帯電話を持っています。そんな状況で「私用電話のマナー」なんて、まったくナンセンスなテーマと思う人がいるかもしれません。しかし実際には、きわめて重要なビジネスマナーがそこに隠されています。

学生時代のクラス会に出席した析に会社の名刺を渡したり、友人や知人、ふだんよく行く飲食店、はたまた親類縁者・兄弟姉妹にと、けっこう会社の名刺はばらまかれています。その結果、プライベートな電話が会社に入ることにもなります。そうした電話加入ったら簡潔に話を切り上げるか、込み入った内容なら、こちらからかけ直す旨を折り返して切ることが、公の場としてのオフィスでの対応であり、職場の人に対するマナーです。

極端に言えば、親兄弟姉妹でも緊急の連絡以外は会社に電話をしないように伝えておくべきです。また、プライベートの付き合いの場合は名刺交換の析に携帯電話の番号を書き込むか、やたらに名刺を渡さないようにすることです。プライベートで渡す名刺は自分の分身だとして、本当に信頼のおける人に渡すものであるくらいに考えておきましょう。

つまらない長電話をした結果、「いったい、こいつは何を考えているのだ」と上司や先輩社員に思われたら、それだけで社会人失格の格闘を押されかねません。もちろん、仕事中に自分から私用電話をかけるなどもってのほかです。

携帯電話のマナー

携帯電話のマナー

携帯電話は、いまや現代人の必需品ともなっています。しかし、どんなに便利なツールでも時と場所をわきまえない使用は、周りの人にとって迷惑な代物でしかありません。

携帯電話は電源を入れておくだけで電磁波を発しています。この電磁波は、ペースメーカーなどの医療機器、航空機の計器類などに大きな影響を及ぼすといわれています。したがって飛行機や列車、電車、バスなどを利用する際に携帯の電源を切ることは、もはや常識です。また、病院などの医療機関は言うまでもなく、ホテルや図書館、劇場、レストランなど多くの人が集まる場所では携帯の使用を制限したり持ち込みを禁止しています。

狭い電車内などでの使用を制限するのは、一方の声だけが聞こえる会話というのは単なる騒音としか耳に入らず、人をいらだたせる而もあるからです。そこでメールなら構わないと勘違いしてか、ピッピッとやっている人がいます。場所をわきまえない携帯の利用は人の生死にもかかわる問題だということを認識し、どうしても便いたいなら電車を降りるか建物の外に出てからにするべきです。

また、重要な会議の席上や他社を訪問した際も、電源を必ず切ることを忘れないように。会議や打ち合わせの途中で突然携帯が鳴っては、座をしらけさせ、仕事のスムしスな進行の妨げになるだけです。もちろん自動車を運転しながらの携帯使用は法律違反です。

スポンサードリンク

   前のページ【 電話の受け方 】    次のページ【 ファックス送信のマナー

ビジネスマナーガイドTOP >  電話の応対 >  携帯電話のマナー > 

インフォメーション

サイト内検索