ビジネスマナーガイドTOP >  社内のビジネスマナー >  喫煙のマナー > 

スポンサードリンク

喫煙のマナー

喫煙のマナー

喫煙は周囲にとって迷惑であることを心得るようにしましょう。今ではまったく様変わりして、タバコセットなど置いてある会社は皆無に等しいといえます。

タバコを吸うなんて文化人のすることではないというくらいの風潮があります。たしかにタバコを吸う本人は嗜好品としていいかもしれませんが、吸わない人にとっては、まったく迷惑な代物です。とくに、健康面ではタバコを吸わない人が副流煙を吸うことで体調を崩すといったデータさえ出されています。タバコを吸う本人が煙害で病気になるのは本人の責任ですから仕方がありませんが、吸わない人が煙害で病気になるのは理不尽としか言いようがありません。

JRのホームでも喫煙エリアを設けていますし、新幹線にも禁煙車両があるように、会社でも喫煙室を設けたり、室外に喫煙エリアを設けているのですから、愛煙家にとっては面倒であってもその指示に従うのがマナーというものです。他社を訪問したり、得意先が来訪したり、また宴席などで喫煙・禁煙の問題が発生することがあります。

他社を訪問し、応接室に通され、そこに灰皿が置いてある場合があります。その際、相手が「私も吸いますから、どうぞ」と声をかけてきて、相手がタバコを吸い始めても、お互いを熟知しあった仲でない限り基本的にタバコは吸わないようにします。まして、灰皿がそこにあるからといって、間違っても自分からタバコに火をつけてはいけません。相手が自分よりも若いからとタカをくくって吸い出すようなことをすれば、なんて横柄で、ビジネスマナーも心得ない人間と思われ、会社の品格さえも疑われかねません。

また、愛煙家とおぼしき来訪者があった場合、「当社オフィス内は禁煙ですので、誠に恐れ入りますが喫煙室でお願いします。と断わるようにしましょう。いくら大切な得意先であっても、相手によって社則に違反することをしてはいけません。

接待したり接待されたり、宴席での禁煙マナーもあります。たいていの宴席には灰皿が置いてあります。相手が先にタバコに火をつけた場合でも、原則的にタバコは我慢します。ただ、気心の知れた人であれば、「タバコを吸ってもいいですか」と許可を得るようにしましょう。

そこまで気をつかうこともビジネスマナーとして心得ておきたいものです。

スポンサードリンク

   前のページ【 指示 命令の受け方

ビジネスマナーガイドTOP >  社内のビジネスマナー >  喫煙のマナー > 

インフォメーション

サイト内検索