ビジネスマナーガイドTOP >  身だしなみ > 

スポンサードリンク

社会人の身だしなみ

身だしなみ

身だしなみで好印象を持ってもらうためには、清潔な身だしなみは必須条件といえるでしょう。どんなに有能であっても、他人に不快感を与えるような不潔な身だしなみをしていては、ビジネスマンとして失格です。

きちんとプレスされたスーツは、文字通り折り目正しい印象を相手に与えます。また、職場での服装はファッションではなく仕事の服であることを念頭におき、華美になりすぎないことも大切です。

よく見られるのが新入社員のストライプのスーツです。

ストライプのスーツは若者にも人気があるようですが最初は目立たない普通のスーツにした方が無難です。

身だしなみをきちんと整えることはビジネスの基本です。だらしない格好は相手に不快感を与えるだけでなく、仕事に対する姿勢や能力さえも疑われかねません。とくに初対面の場合、身だしなみはその人の印象を大きく左右するので注意してください。

身だしなみのポイントは、「清潔感」「状況に合った服装」「全体の調和」です。どんなに高価な洋服を身につけていても、全体に薄汚れた感じでは、人は不快に思うだけです。まず清潔第一を心がけましょう。

服装規定がある職場の場合は、それに従います。そうでない場合は、周囲に同調すればよいでしょう。業界や社風によって服装に対する意識は微妙に異なるものですが、職場独特のセンスに慣れるには、時間がかかるかもしれません。新人のうちは周囲より控えめでいれば間違いなしです。

個性的である必要はありません。

相手に「しっかりしてそう」と思われる事が大切です。

身だしなみチェック

男性の場合

髪・顔

  • 髪の毛は伸びすぎていないか
  • 寝グセはないか清潔か
  • 整髪料やコロンのにおいが強くないか
  • ヒゲの剃り忘れや剃り残しはないか
  • 鼻毛が伸びていないか

服装

  • シャツのえりやそで口は汚れていないか
  • シャツにアイロンはかかっているか
  • ネクタイの結び目はきちんとしているか
  • スーツのシミ、シワ、汚れ、テカリはないか
  • ボタンがとれていないか
  • ズボンに折り目はついているか
  • ポケットにものを詰め込みすぎていないか
  • ハンカチは清潔なものか

  • 伸びていないか
  • 汚れはないか

足元

  • 靴はよく磨いてあるか
  • 靴のかかとのすり減りがないか
  • 靴下は清潔か
女性の場合

髪・メイク

  • 髪は清潔にしてあるか
  • 香水をつけていないか

服装

  • アイロンがかかっているか
  • すそのほつれなどないか
  • 襟ぐりなど開きすぎていないか
  • アクセサリーは控えめか
  • ハンカチは清潔なものか
  • スカーフは仕事の邪魔にならないか

  • 伸ばしすぎていないか
  • 派手なネイルアートをしていないか
  • マニュキアの色は控えめか

足元

  • 靴はよく磨いてあるかストッキングの伝線はないか
  • ヒールの高さは適当か

男性の服装

男性の服装

男性の服装はTPOを心がけたものを着用しましょう。TPOとはTime(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)「時と場所、場合にあった」を意味する和製英語です。

ビジネスの場は日常的なフォーマルの場ともいえるので、自分の好きな服装よりも、相手に不快感を与えない服装が最も適しています。

特別な菜種を除いては、男性の職場での服装はビジネススーツが一般的です。色は紺やグレーなどの落ち着いたものが清潔さも感じられ、好感を持たれます。形も、あくまでオーソドックスなものが最も機能的です。ワイシャツは白が最も汎用性がありますが、色物、個物でも派手すぎなければ、とくに問題はありません。

ただし、アイロンがけをして襟や袖に汚れのないことを確認します。ネクタイもスーツやシャツに合った色個にし、きちんと締めます。スーツのポケットには何でもかんでも入れないようにします。外からふくらみがわかるようでは洋服の型も崩れるし、みっともなく見えます。

持ち物が多いときはビジネスバッグを待ち、ポケットに入れるのは財布、ハンカチ、携帯など最小限にします。靴は基本的に黒。汚れがないようきれいに手入れし、かかとのすり減ったものなどは修理に出しましょう。

ビジネスの場、勤務時間内において、自分の好みよりも相手や周囲の人に不快感を与えないことを優先した身なりのことを指します。これは自分個人だけでなく会社のイメージアップのためにも必要なことです。

女性の服装

男性の服装

女性の服装も男性と同じように、周囲に不快感を与えない、清潔で調和のとれた服装が基本です。

女性の服装もTOPを心がけ、好感を持たれる服装を着用することが肝要です。

最近の若い人たちの中には、自分自身の個性を自由に表現した服装をしている人がたくさんいます。これはこれで素敵なことです。ただし、こうした自分の好みによる自分中心の服装というのは、あくまでプライベートな時間に楽しむものです。

スーツ、ワンピース、ブラウスとスカートなどさまざまな型がありますが、機能的で勤きやすい洋服がビジネスの場には最もふさわしいといえます。いつ外出があっても困らないように派手すぎず、オーソドックスな色や柄、デザインの服装を心がけます。

ただし、会議の席に出る場合は、紺や茶などの落ち着いた色のビジネススーツが好ましいといえます。ブラウスはレースで派手に飾り付けたものではなく、シンプルなデサインがベスト。

また、うるさすぎるアクセサリーなども職場では必要のないものです。ネックレス、指輪などは穀小限にとどめ、イヤリングもぶら下がったものは避けたほうが無難です。マニキュアも真っ赤な色や目のさめるような青色などは、プライベートで楽しむようにし、職場にしていくときはなるべく目立たない薄い色にします。

香水も普段つけ慣れていると、本人は気づかないものですが、周りの人は敏感ににおいを感じ取るものです。できれば香水はアフターファイブのおしゃれに使いましょう。ストッキングも洋服の色に合わせたものにし、植物は避けたほうが無難。靴も洋服に合わせた色でシンプルなデサインがよく、ヒールも動きやすく疲れにくい高さのものに。

白いハイライト系やダークな茶色などは不健康な印象になります。リップグロスの塗りすぎも考えものです。爪の長さやマニキュアの色にも注意します。しかし、まったくお化粧をしないというのも逆に失礼になります。要するに、お化粧はいかに健康的に、明るく見えるかがポイントです。アクセサリーも派手なものは避けるようにします。キャラクターのイラストなどがついたアクセサリーや時計も、幼稚に見られるので避けたほうが無難でしょう。

組織の一員として、「この人にならお願いできる」という安心や信頼を相手に与えることができる服装をすることが、身だしなみの基本だからです。ですから、相手を不快にさせたり、不安にさせるような服装は、社会人として失格ということになります。

髪型

ビジネスマナーでの髪型

髪形に関していえば、男女ともに、いつも手入れの行き届いた清潔感のある自然な髪型を心がける必要があります。特に、フケが浮いていたりすると多くの人が共通して不快感を覚えがち。なかなか自分では気がつきにくい部分なので、常に気を配るようにしましょう。

髪の毛は顔を覆えば覆うほど暗く、わずらわしく見えてしまうので、顔にかぶさったり、顔の前にかからない髪型が基本です。また、話をするときには、相手の目を見てする場合が多いので、視界をさえぎらないようにします。眉毛よりも下げない、お辞儀をしても両サイドに下がらないヘアスタイルが理想です。

ロングヘアの人は、両サイドをピンで留めるとか、後ろで束ねるなど工夫するといいでしょう。このとき使用するヘアアクセサリーも黒または茶色の地味なものにします。

さらに、明るすぎる茶髪にするなどの不自然なカラーリングや脱色はやめましょう。強い匂いのする整髪料やコロンも、周囲に不快感を与えることがあるので注意が必要です。

ファッションの注意点

服装や小物

社会人の場合、周囲に不快感を与えない服装が基本です。多くの会社では原則的に男性社員の茶髪は禁止というのが暗黙の了解とされているようです。また、女性社員でも極端な茶髪は品位が疑われることもあって、女性社員が白主規削しているところが多いようです。

ビジネスマナーの基本は、人に不快感を与えないことです。この定義に従えば、茶髪に違和感を覚えるような入がいれば、自主的に茶髪は遠慮するのがマナーです。

会社でファッションを楽しむのはよいことですが、自己満足に終始しないように注意しましょう。納得される服装イコール、紺やグレーのスーツというわけではありません。

たとえば、魚屋さんがスーツを着ていたら仕事にならないように、どのような職場で働いているかによって、身だしなみも変化するわけです。自分がどんな職場にいるのかをきちんと認識し、周囲の状況にマッチした服装を選ぶことです。新人社員の場合、最初のスーツは、3万円から4万円程度のそこそこいいものを購入しておいたほうがいいでしょう。

必要以上に高すぎるものや派手なブランド物は、かえってチグハグな印象を与えますし、安価すぎるものはあなたの印象までチープなものに変えるおそれがあります。

スポンサードリンク

   次のページ【 社内のビジネスマナー

ビジネスマナーガイドTOP >  身だしなみ > 

インフォメーション

サイト内検索