ビジネスマナーガイドTOP >  手紙と文書 >  お礼状の書き方 >  お礼状の書き方

スポンサードリンク

お礼状の書き方

お礼状の書き方

お祝いや贈り物、お見舞いをいただいたり、取引先や人を紹介してもらったというように人から好意や尽力などを受けたら、礼状を送り、感謝の気持ちを相手に伝えます。

礼状は、はがきでも構いませんが、出すタイミングにだけは注意しましょう。好意を受けたら、その当日、遅くとも3日以内には礼状を出すようにしましょう。出すのが遅くなってしまった場合は理由も素直に書いたほうがいいでしょう。

礼状を書く場合に、もう一つ注意することは、その内容です。つい近況なども長々と書いてしまいがちですが、礼状の目的は、あくまでお礼です。したがって、時候の挨拶を簡単に述べた後、あるいは頭語からすぐにお礼の言葉に入るようにし、別の用件に触れることは一切しないようにします。

礼状の宛名は原則として個人名です。仕事の関係でお世話になったとしても、感謝の意は個人に対して表わすのが筋というものです。

スポンサードリンク

前のページ【ビジネス文書作成のポイント】    次のページ【礼状の例文

ビジネスマナーガイドTOP >  手紙と文書 >  お礼状の書き方 >  お礼状の書き方

インフォメーション

サイト内検索