ビジネスマナーガイドTOP >  敬語 >  敬語の基本 >  敬語とは

スポンサードリンク

敬語とは

一日のなかであなたは、職場や町中ででいろいろな言葉遣いを聞くと思います。その種類も、友達同士であったり、職場の上司と部下であったり、取引先とセールスマンとの会話であったり、恋人同士の会話であったり、家族との会話であったりとさまざまです。

「ああ、すぐに行くよ」

「はい、すぐに参ります」

「かしこまりました。伺わせていただきます」

単に、誰かが誰かの所に行くだけのことなのですが、これだけの言葉遣いがあります。では、いったい何によって区別され、何の意図で使われるものなのでしょうか? それは「人間関係」によるのです。

人間関係をスムーズにするには、「あなたは私にとってこういう立場の人ですよ」ということを認識する必要があります。相手が自分のことを大切に思ってくれるのか、敬意を持ってくれるのか、同格の人間と見なしているのかは、その人とのつきあいをしていく上で大切なことです。その「立場」を明らかにするために、言葉遣いで区別をするのです。

たとえば、会社の大事な取引先に「ああ、すぐに行くよ」という言葉遣いをしたらどうなるでしょうか?

取引先の人は「ああ、この人は私のことを大切に思っていないんだな」「失礼な人だな」と思うでしょう。反対に「かしまりました。伺わせていただきます」という言葉遣いをすれば「ああ、大切に思ってくれるんだな」と思うのではないでしょうか。その結果、取引先との仕事がどうなるのかは、言うまでもありません。

敬語

相手の立場を認め、それに準じた言葉遣いをすることは、人間関係をスムしスにし、相手に与える印象を変えるのです。

それでは、「立場」をあきらかにし、相手の立場をわかっているということを伝え、人間関係の調和を保つためにはどうすればよいのでしょうか?

人間間上がコミュニケーションを図る場合、そのもっとも有効な道具となるのが「言葉」だと言えるでしょう。そのなかでも、相手に立場をわかっているということを伝える言葉が「敬語」です。

人と人との「立場」「関係」には、いくつかの種類があります。それは話し手と聞き手の間にある地位や年齢、経験、職務の差といったさまざまな要素で決定されます。具体的には、次のような位置付けができます。

立場が上の人=年長者、上司、社外の取引先やお客様、目上の親族など

同等の立場の人=同年齢の人、同期の人、同僚、友人など

立場が下の人=年下の人、部下、後輩など

たとえばあなたは、会社の上司に対しては、立場に「違い」があります。上司はあなたより立場が上の人です。立場が上の人とは対等に話をするわけにいきません。「あなたは私より上の立場の人で、敬っていますよ」ということを示す必要があります。 その立場の「違い」をはっきりさせ、相手を敬う気持ちを表現するものが、「敬語」な のです。

つまり敬語は、自分より立場が上の人と接するとき、自分が相手より下の立場にいること、相手を敬う態度でいること、それを示して人間関係を円滑にする役割を果たしています。相手の立場を認識することによって、相手に「自分か相手に対してどう思っているのか」「自分か相手にどう接したいのか」という意志を、敬語が伝えるのです。 多くの立場の違いがある人間社会において、「自分より立場が上の人を敬うために使 う」、それが敬語だと覚えてください。敬語を正しく使えなければ、ビジネスで関係する立場が上の人たちに、「こちらより立場が下なのに、敬語を使わないとは生意気なやつ」「礼儀知らずだ」と思われ、あなたの信頼性を疑われます。結果的に、仕事へも悪影響を及ぼすことになるのです。

ビジネスは、自分と立場の違う人と関わり合って成り立つものです。そのなかで、敬語を正しく使いこなせるかどうかが、あなたの仕事の成否を左右するのです。

スポンサードリンク

前のページ【上座と下座の席次マナー】    次のページ【敬語の種類

ビジネスマナーガイドTOP >  敬語 >  敬語の基本 >  敬語とは

インフォメーション

サイト内検索