ビジネスマナーガイドTOP >  お付き合い >  会食のマナー >  ナイフとフォークの使い方

スポンサードリンク

ナイフとフォークの使い方

洋食のフルコースでは、すでにテーブルの上にナイフやフォークがセッティングされています。ナイフとフォークは外側から順番に、デザート用のフォークなどは上から順に使うのが基本的なマナーです。

一般にナイフを右手に、フォークを左手に持って料理をいただきますが、その点はあまり堅苦しく考えず、食べる前に肉などを切って、お皿の奥にナイフを置き、フォークを右手に持ち替えて食べても失礼にはなりません。

ナイフとフォークの使い方

食事の途中でナイフとフォークを置くときは、八の字型にし、一品ごと食べ終えたらナイフの刃先を下に、フォークを下向きにして、斜めにそろえてお皿に置いておきます。ナプキンは料理が運ばれてくるころに取り、二つ折りにして輪のほうを手前にし、膝にかけます。中座するときは、軽く四つ折りにして椅子の上に置きます。食事がすべて終わり、退席するときは、軽くたたんでテーブルの上に置きます。

ナイフとフォークの置き方
スポンサードリンク

前のページ【お箸のマナー】    次のページ【上座と下座の席次マナー

ビジネスマナーガイドTOP >  お付き合い >  会食のマナー >  ナイフとフォークの使い方

インフォメーション

サイト内検索