ビジネスマナーガイドTOP >  お付き合い >  会食のマナー >  お箸のマナー

スポンサードリンク

お箸のマナー

和食の席で最も気をつけたいことは箸のマナーです。食事中に次のような箸の運び方をすることは見苦しいので、絶対にしないように注意しましょう。

迷い箸・・・何を食べようか迷って、箸をあちこちに動かすこと

移り箸・・・一度料理に箸をつけて、やめてほかの料理を取ること

探り箸・・・箸で器の中身を忙しくかき混ぜる

ねぶり箸・・・箸をなめる

刺し箸・・・食べ物を箸に突き刺す

寄せ箸・・・箸で器を寄せる

箸は使い終えたら、箸置きに載せておくか、箸袋に入れて袋の先を少し折っておくのがマナーです。また、汁物や煮物などのふた物は初めにすべてふたをとり、食べ終わったら戻しておきます。ふたをひっくり返して器に戻すのは間違いです。

懐紙は西洋料理のナプキンにあたるもの。口元の汚れを拭き取るなど、いろいろに使えるので、ぜひ持参しましょう。なければテイッシュでも構いません。

スポンサードリンク

前のページ【テーブルマナーの基本】    次のページ【ナイフとフォークの使い方

ビジネスマナーガイドTOP >  お付き合い >  会食のマナー >  お箸のマナー

インフォメーション

サイト内検索