ビジネスマナーガイドTOP >  身だしなみ >  服装や小物 >  ファッションの注意点

スポンサードリンク

ファッションの注意点

服装や小物

社会人の場合、周囲に不快感を与えない服装が基本です。多くの会社では原則的に男性社員の茶髪は禁止というのが暗黙の了解とされているようです。また、女性社員でも極端な茶髪は品位が疑われることもあって、女性社員が白主規削しているところが多いようです。

ビジネスマナーの基本は、人に不快感を与えないことです。この定義に従えば、茶髪に違和感を覚えるような入がいれば、自主的に茶髪は遠慮するのがマナーです。

会社でファッションを楽しむのはよいことですが、自己満足に終始しないように注意しましょう。納得される服装イコール、紺やグレーのスーツというわけではありません。

たとえば、魚屋さんがスーツを着ていたら仕事にならないように、どのような職場で働いているかによって、身だしなみも変化するわけです。自分がどんな職場にいるのかをきちんと認識し、周囲の状況にマッチした服装を選ぶことです。新人社員の場合、最初のスーツは、3万円から4万円程度のそこそこいいものを購入しておいたほうがいいでしょう。

必要以上に高すぎるものや派手なブランド物は、かえってチグハグな印象を与えますし、安価すぎるものはあなたの印象までチープなものに変えるおそれがあります。

スポンサードリンク

前のページ【髪型】    次のページ【立ち居振る舞い

ビジネスマナーガイドTOP >  身だしなみ >  服装や小物 >  ファッションの注意点

インフォメーション

サイト内検索