ビジネスマナーガイドTOP >  社内のビジネスマナー >  社内での人の呼び方 >  社内での人の呼び方

スポンサードリンク

社内での人の呼び方

職場で人を呼ぶ場合には、ある一定のルールがあります。社員同士「○○さん」でそろえている会 社もありますが、一般的には立場によって呼び方が違うので、基本を押さえておきましょう。

上司は基本的に役職名で呼ぶ

一般的には「課長職」以上の役職者を呼ぶときは「○○課長」や「課長」というように肩書きで呼びます。

「課長代理」「部長補佐」などは、「課長」「部長」と呼ぶことが慣習になっている場合もありますが、社外の人と話すときは、相手が混乱しないようにきちんと呼び分けましょう。

肩書きはそれ自体が敬称ですから、「鈴木課長さん」というのは二重敬称になります。正しい呼び方ではありません。

「~さん」づけで呼んだ方が良いとき

同僚に対しては「佐藤さん」と「さん」づけで呼びます。「君」づけや愛称、呼び捨ては職場にはそぐわないものです。同期の女性社員同士は「ちゃん」づけ、男性社員同士呼び捨てという職場もあるかもしれませんが、同僚を呼ぶときでも男女ともに「さん」づけのほうがよいでしょう。

後輩に対しても「君」づけではなく「さん」けで呼びます。人事移動で後輩が上司になることも考えられます。最初から「さん」づけで呼んでいれば、「君」から「さん」に言い換えるというバツの悪い思いもしなくてすみます。

年下の上司や年上の部下などにも「さん」づけの方が無難です。

スポンサードリンク

前のページ【エレベータの乗り方】    次のページ【ホウレンソウの報告とは

ビジネスマナーガイドTOP >  社内のビジネスマナー >  社内での人の呼び方 >  社内での人の呼び方

インフォメーション

サイト内検索