ビジネスマナーガイドTOP >  接待でのビジネスマナー >  車の席次 >  自動車・列車の席次

スポンサードリンク

自動車・列車の席次

車・列車の席順

自動車に乗る場合、座席の席順に注意します。自動車に乗ったときの安全性、快適性にポイントが置かれていると考えればいいでしょう。万が一に事故にあった場合、その安全性は、

①運転者後部席

②後部左席

③後部中央席、助手席

という順であると一般に言われています。席順を頭に入れておくことが最低限のマナーです。ただ、取引先や上司と、右ハンドル車に同乗するときに、相手が乗り降りのしやすい後部左席を選んだ場合は、自分は運転者後部の席に着くように。相手が気を遺っている場合もあるかもしれませんが、年輩者が後部左席を要求する場合は、体調(腰痛・足痛等)の具合であると判断をしてその言葉に従ったほうが無難です。

車の席順はこうですからと無理に勧めては、かえってマナー違反というものです。また、女性が同乗する場合は、女性を最後先に考えて同乗することにも注意してください。

列車の場合の席順は、安全性というよりも快適性にポイントが置かれていると考えて、列車の進行方向を把握して着席するようにしましょう。

スポンサードリンク

前のページ【接待を受けた後の対応】    次のページ【エレベータの乗り方

ビジネスマナーガイドTOP >  接待でのビジネスマナー >  車の席次 >  自動車・列車の席次

インフォメーション

サイト内検索