ビジネスマナーガイドTOP >  会社訪問のマナー >  名刺交換 >  名刺の出し方・受け取り方

スポンサードリンク

名刺の出し方・受け取り方

名刺の出し方・受け取り方

日本は名刺社会と言われ、名刺がないと仕事ができないとまでいわれています。その是非はともかく、名刺の役割は自分かどこの会社のどの部署に勤めている誰なのかを、相手に速やかに認識してもらうことにあります。また、その入自身を表わす役割も待っているので、基本的なマナーを心得て、スマートな名刺交換を心がけましょう。

名刺交換は立った姿勢で、訪問先では必ず相手よりも先に出す。

相手が読める向きにして差し出しながら、自分の会社名と名前をはっきりと名乗る。

相手の名刺を受け取るときは両手で。軽く片方の手を添えるようにして受け取るといい

受け取ったら目を通し、相手の会社名や部署名、名前などをきちんと確認する。

受け取った名刺は名刺入れに丁寧にしまうか、テーブルの上に置いておく。複数の人と名刺交換したときはテーブルに置き、必要に応じて目で名前を確認する。

目の前で、相手の名刺を手でもてあそぶようなことは絶対にしてはいけない。

名刺を受け取ったら、その日のうちに日付や場所、用件、相手の特徴などを名刺に書き入れ、日付順あるいは五十音順に整理しておく。

汚れた名刺、折れた名刺は相手に失礼。名刺を切らしたなどというのも論外。相手に会う前に必ず名刺入れを確認し、きれいな名刺を常に10枚以上は待つように留意する。

スポンサードリンク

前のページ【訪問のマナーアポの取り方】    次のページ【応接室の上座と下座

ビジネスマナーガイドTOP >  会社訪問のマナー >  名刺交換 >  名刺の出し方・受け取り方

インフォメーション

サイト内検索