ビジネスマナーガイドTOP >  手紙と文書 >  手紙の構成 >  季節の挨拶

スポンサードリンク

季節の挨拶

季節の挨拶

文書や手紙は基本的に頭語・前文(時候、安否、感謝等)・本文・末文・結語で構成されます。社外に発信するあらたまった文書には必ず順語を入れ、文章の結びに来る結語は、順法に対応したものを用います。ただし、年賀状や暑中見舞いのように頭語をつけない文書には結語も不妾ですし、悔やみ状などにも順語・結語はつけません。

順語に続いて時候の挨拶を入れますが、頭語を「前略」とした場合や見舞い・弔慰など緊急の用件には不要です。時候の挨拶は「春暖の候」「向暑のみぎり」「大寒の析」といったように、そのときの季節感を表わす慣用句を用います。

また、「花も咲きそろい、若草も萌え出で、春はまさにたけなわとなりました」などと、語体で柔らかく表現することもあります。季節にかかわらず使えるのが「時下」で、「時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます」といった形で使われます。末文(結びの挨拶)は、本文の内容に合わせた文言を用います。「まずはお願いまで」「まずは御礼かたがたご挨拶まで」「取り急ぎご案内まで」「まずは略儀ながら書中をもってお祝い申し上げます」「ご返事をお待ち申し上げております」などの表現がありますが、末文は本文の用件をまとめる役目と、終わりの挨拶の役目を果たすものなので、前文を省略することはあっても、末文だけは基本的に略さないものとされています。

スポンサードリンク

前のページ【メールのマナー】    次のページ【訪問のマナーアポの取り方

ビジネスマナーガイドTOP >  手紙と文書 >  手紙の構成 >  季節の挨拶

インフォメーション

サイト内検索