ビジネスマナーガイドTOP >  敬語 >  敬語の基本 >  正しい敬語の使い方

スポンサードリンク

正しい敬語の使い方

正しい敬語の使い方

敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三種類があり、相手の立場やその場の状況に応じて使い分けます。適切な敬語は好感を持たれ、ビジネスや人間関係を円滑に進めてくれます。

▼尊敬語

相手や相手の動作などに敬意を表わすときに用います。動詞の語尾に「れる」「られる」をつけたり、名詞や動詞に「お」や「ご」をつける形や、その動詞自体が尊敬を表わすものもあります。

言う・言われる・おっしゃる

来る・来られる・おいでになる

いらっしゃる・見る・ご覧になるなど。

▼謙譲語

目分の動作などをへりくだった言葉で表現することで、相手に敬意を表わします。

言う・申し上げる

行く・うかがう

見る・拝見するなど。

▼丁寧語

丁寧な表現で相手に敬意を表わします。動詞などに「です」「ます」「ございます」をつけて表現します。

言う・言います

ある・あります・ございますなど。

このほか、丁寧語の一部として「美化語」があります。「お飲み物」「お酒」「うまい↓おいしい」といったように、きれいな表現をするときや言葉を和らげるときに用います。

スポンサードリンク

前のページ【会議出席のマナー】    次のページ【電話の受け方

ビジネスマナーガイドTOP >  敬語 >  敬語の基本 >  正しい敬語の使い方

インフォメーション

サイト内検索