ビジネスマナーガイドTOP >  社内のビジネスマナー >  飲み会でのマナー >  上司の誘いを断わる場合

スポンサードリンク

上司の誘いを断わる場合

上司の誘いを断わる場合

新人社員はもちろんですが、入社2、3年の若手社員でも、上司から突然に飲食の誘いを受けた場含、その対応にはけっこう悩むものです。

その穀たるものは、デートも含めて先約加人っている場合です。先約を優先するか、上司の誘いを受けるかの二者択一の選択を迫られたとき、「まことに申し訳ありませんが、今日は用事加人っておりますので、次の機会によろしくお願いします」と簡単に断われないのが会社人間のつらいところです。

古いタイプの人間ならまだしも、自分の生活時間を大事にし、アフターファイブも自分の裁量で行勤している若手の社会人にはそんな心配はないと思いきや、昨今の景況を十分に理解しているせいか、上司の誘いに乗る傾向にあるようです。ただ、その場合でも上司が納得しやすい理由を用意することです。

つまり、上司のせっかくの誘いを断わるだけの理由づけをすることで、相手の気持ちをやわらげる配慮というマナーの実践です。たとえば、「親戚の者が今晩上京しますので」といったように、今晩だけはどうしても駄目であるという理由をつくって説明することです。

ただ、あとでバレないための努力を十二分にすることは言うまでもありません

スポンサードリンク

前のページ【退社時のマナー】    次のページ【上司の誘いを受ける場合

ビジネスマナーガイドTOP >  社内のビジネスマナー >  飲み会でのマナー >  上司の誘いを断わる場合

インフォメーション

サイト内検索