ビジネスマナーガイドTOP >  社内のビジネスマナー >  遅刻・早退・欠勤のマナー >  遅刻・早退・欠勤のマナー

スポンサードリンク

遅刻・早退・欠勤のマナー

遅刻・早退・欠勤のマナー

会社はチームワークが基本です。丁人が勝手な行動をとると、仕事の進行に影響が出ます。遅刻・早退・欠勤などするときは、そのことを常に白覚しておく必要があります。

会社に遅刻しないことは組織で働く者の基本ですが、役所に用があるとか病院に行くといった理由で、どうしても遅刻せざるをえない場合があります。

事前に予定がわかっているときは、その時点で上司に申し入れて許可を得ます。前日に再度、「明日の出勤は○時頃になりますので、よろしくお願いいたします」と伝えておけば万全です。

当日に緊急の用ができたとか事故があった、あるいは寝坊したなどで遅刻をするときは、できるだけ早く上司に電話を入れます。そして出社したら、きちんと事実を報告し、遅刻したことを職場の人たちに謝ります。寝坊であっても言い訳は見苦しいだけです。

早退の場合も、事前にわかっていれば前日までに上司の許可を得ておき、当日、急にその必要が生じたときは用件なり事情を話し、許可を得ます。仕掛かりの仕事で当日に処理すべきことがあれば同僚などに頼み、きちんと引き継いでから帰るようにしましょう。

急用などで欠勤するときも必ず連絡を入れます。

スポンサードリンク

前のページ【職場での基本マナー】    次のページ【休暇を取るときのマナー

ビジネスマナーガイドTOP >  社内のビジネスマナー >  遅刻・早退・欠勤のマナー >  遅刻・早退・欠勤のマナー

インフォメーション

サイト内検索