ビジネスマナーガイドTOP >  社内のビジネスマナー >  職場での基本マナー >  職場での基本マナー

スポンサードリンク

職場での基本マナー

職場での基本マナー

毎日のことながら、あたふたと出勤の準備をしていると、つい忘れ物をしがちです。また、気がせいては仕事に対する心の準備も十分でないまま仕事に入らざるをえません。始業時間にギリギリセーフでは、仕事にもすぐ取りかかれません。息を整え、それから仕事の書類や資料を出し、メールをチェックし…とやっていたら、実際の仕事を始めるまでに10分や15分はかかります。

時間をコスト換算したら大きな無駄になるうえ、一目の仕事に取り組む心構えも不十分なままでは能率にも影響します。遅くとも始業時間の15分前には出勤し、時間的にも精神的にもゆとりを持って席に座り、今日の仕事のスケジュール確認や準備を済ませます。

時間が来たら「さあ、やるぞ」と仕事をスタートさせるようにしましょう。

また、出勤前は何かとあわただしいので、忘れ物をしないように、会社生活や仕事に必要なものは前の晩に用意してバッグに入れておくようにします。会社から持ち帰った資料などがあれば忘れずに入れ、財布や定期券、社員証、手帳、筆記具、名刺、携帯電話、ハンカチ、ティッシュ、くしなども、まとめて入れておくと余裕ができます。

スポンサードリンク

前のページ【指示 命令の受け方】    次のページ【遅刻・早退・欠勤のマナー

ビジネスマナーガイドTOP >  社内のビジネスマナー >  職場での基本マナー >  職場での基本マナー

インフォメーション

サイト内検索