ビジネスマナーガイドTOP >  身だしなみ >  男性の服装 >  男性の服装

スポンサードリンク

男性の服装

男性の服装

男性の服装はTPOを心がけたものを着用しましょう。TPOとはTime(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)「時と場所、場合にあった」を意味する和製英語です。

ビジネスの場は日常的なフォーマルの場ともいえるので、自分の好きな服装よりも、相手に不快感を与えない服装が最も適しています。

特別な菜種を除いては、男性の職場での服装はビジネススーツが一般的です。色は紺やグレーなどの落ち着いたものが清潔さも感じられ、好感を持たれます。形も、あくまでオーソドックスなものが最も機能的です。ワイシャツは白が最も汎用性がありますが、色物、個物でも派手すぎなければ、とくに問題はありません。

ただし、アイロンがけをして襟や袖に汚れのないことを確認します。ネクタイもスーツやシャツに合った色個にし、きちんと締めます。スーツのポケットには何でもかんでも入れないようにします。外からふくらみがわかるようでは洋服の型も崩れるし、みっともなく見えます。

持ち物が多いときはビジネスバッグを待ち、ポケットに入れるのは財布、ハンカチ、携帯など最小限にします。靴は基本的に黒。汚れがないようきれいに手入れし、かかとのすり減ったものなどは修理に出しましょう。

ビジネスの場、勤務時間内において、自分の好みよりも相手や周囲の人に不快感を与えないことを優先した身なりのことを指します。これは自分個人だけでなく会社のイメージアップのためにも必要なことです。

スポンサードリンク

前のページ【身だしなみチェック】    次のページ【女性の服装

ビジネスマナーガイドTOP >  身だしなみ >  男性の服装 >  男性の服装

インフォメーション

サイト内検索