ビジネスマナーガイドTOP >  お付き合い >  パーティーへの出席 > 

スポンサードリンク

パーティへの出席

社会人になると、仕事関係のパーティに出席する機会も生じてきます。こんな場面でも周囲の人に心遣いができるよう、マナーを身につけたいものです。

服装は、特別に指示がなければスーツやワンピースにします。イブニングドレス等の正装は大げさになります。

スーツなどの普通の服装で出席する場合は、アクセサリーやスカーフをプラスします。靴はヒールのあるもの、バッグは小型のタイプのものにするといいでしょう。

また、メイクや髪形、アクセサリーはいつもより派手目にしたほうがいいものの、あくまで華美になりすぎない程度にします。

パーティーへの出席

立食パーティに招待されたら、お料理を楽しむのがマナーです。1回にお皿に盛るのは2、3品にして、食べるときは他の人の邪魔にならないよう移動しましょう。皿は左手の親指と人差し指ではさみ、残りの指でグラスを支えます。フォークや箸は中指と皿の間にはさむといいでしょう。

パーティは社会人にとってネットワークを広げる絶好の機会となります。初対面の人とも会話ができるように、ある程度の話題を用意しておくことが肝心です。「はじめまして。お名刺交換させていただいてもよろしいですか」と一声かけて名刺交換等もして、多くの人とコミュニケーションをとるように心がけましょう。

招待されたパーティは、他の人がスピーチをしているときを除き、都合によって途中で帰っても構いません。帰るときは、主催者側の人に帰る旨とお礼を伝え、会場を後にします。また、後日、電話やハガキでお礼を伝えると丁寧でしょう。

自社の創立○周年祝いや新社屋披露パーティ、お客さまをお招きしての接待会など、あなたが招待側(ホスト、ホステス)になるケースも想定できます。事前に食事を軽くとっておき、パーティの際には形だけ料理に手をつける程度にとどめておきます。お料理は招待側が食べるものではなく、お客さまにすすめるものだという考え方だからです。また、飲み物、アルコールは控えます。

顔見知りの人を見かけたら、出席いただいたお礼とあいさつをします。お客さまから離れるときは、お尻を見せないように、相手に正面を向けたまま1歩後退します。顔見知りのお客さまが帰るときは、タクシーやお土産の乎配をしましょう。

スポンサードリンク

   次のページ【 会食のマナー

ビジネスマナーガイドTOP >  お付き合い >  パーティーへの出席 > 

インフォメーション

サイト内検索